お祈りの言葉を
捧げるプージャ
5月1日に行いました。➡





























いつでも参加可能。
コース参加手順➡




祈れる人となる。2年間のコミットメント。ヴェーダーンタを学んで気づく世界の深まりを楽しみながら、ヨーガを生き方に変えてみよう! 4月29日からのスタートのプージャには間に合わなかった方も、期間中、いつでも参加できます。

スワミ ダヤーナンダジが、ある日、クラスの中で紹介してくださった、お祈りの言葉のひとつ。 「ああ、イーシュワラ。私が変えられない事を素直に受け入れるための考えの成熟を、どうか、お与えください。そして、変えれる事を変えるための意志、変えれる事と変えれない事を見極める賢さをお与えください。」 

私たちも、お祈りの言葉をつくって、お祈りをはじめてみましょう。

ヴェーダーンタを学びながら、作ったお祈りを心からの言葉にする練習の2年間を過ごしてみましょう。

●京都センターでは、ダクシナムールティ(ヴェーダーンタの先生として現れたイーシュワラの姿。都センターのダクシナムールティについて)へのプージャを行っています。京都センターに来られた時に、お祈りの言葉を捧げていただけます。(ご希望の方は、お祈りの言葉をダクシナムールティの中におさめます)遠方の方などでセンターに来れない方は、お手紙で送っていただければ、代わりに、ダクシナームールティに捧げます。

参加のご相談は、こちらのフォームをお送りください

2年間の途中で、お祈りの言葉が深まれば、新しいお祈りの言葉を、ダクシナームールティに捧げなおすこともできますので、ご安心ください。まずは今できるお祈りをはじめてみましょう。

センターでは、2年間のコースの修了の日に向けて、皆のお祈りがひとつになって大きな力となりますように、お祈りを続けてゆきます。いつでも、センターにお越しいただきプージャをお手伝いいただけますし、皆のお祈りの力を合わせて充実した2年間を作ってゆきましょう。







 
修了のお祝い➡

2019年の4月27日(土)~28日(日)、
京都センターで、コースの修了イベントを行います。2年間の学びをお祝いして、ダクシナームールティへ感謝を捧げます。詳細は、後日このページで紹介します。
 
  ●以上が、2年間のコミットメントコースの中身です。このコース自体はクラスことではありません。期間中、クラスで、「お祈りの言葉」を深めてゆく2年間を過ごしていただければ幸いです。皆の祈りの力を合わせて、起こる事を見てみましょう。


 

★---この2年間、京都センターで常駐して、朝夕のプージャを学びながら、お手伝いをしながら、ヴェーダーンタや、サンスクリット語を、最初からきっちりと学んでみようと思う方を募集しています。 詳しくは、ご相談ください。 



前回の2年コースの最初に---スワミ ダヤーナンダジより