http://www.para-vidya.com/001



Pujya Swami Dayananda Sarasvati プージャ スワミ ダヤーナンダ サラスワティ

1930年、インドのタミルナードゥ州の小さな村、マンジャクッディに生まれ、ナタラージャと名付けられる。
1962年に、スワミ チンマヤーナンダジからサンニャーサを受けてスワミ ダヤーナンダ サラスワティの名前を得る。

その後、伝統的なヴェーダーンタの講師の中でも際立った存在として、50年以上も、インドだけでなく、広く世界中の生徒たちに、ヴェーダーンタの明かす一元論の宇宙観を教えてこられました。

スワミジの成された大きな仕事の1つが、「3年半のヴェーダーンタ コース」です。3年半の期間をかけて先生と生徒が共に住み込んで、深くヴェーダーンタや、そのための生き方のヨーガや、サンスクリット語など、伝統的な方法で勉強するためのコースを考案されたことです。インドでは、リシケシのArsha Vidya PithamやコインバトールのArsha Vidya GurukulamやナグプールのArsha Vijnana Gurukulamで、またアメリカではペンシルバニアのArsha Vidya Gurukulamでスワミジを招いて幾度も3年半のコースを開催してきました。

そのほかでも、世界中のアーシュラムやセンターに招かれて様々なクラスを教えてこられました。
2009年と2010年には、日本にも来てくださりタットヴァボーダとバガヴァッドギーター2章を教えてくださいました。

今では、スワミジから知識を受け継いだ多くの生徒たちが先生として育ち、世界中で教えを説いておられます。こうして、スワミ ダヤーナンダジは、先生の中の先生として、途切れる事のない教えの伝統の中でもひときわ際立った存在なのです。

また、ヴェーダーンタの先生としての活躍だけでなく、インドの多くの文化遺産を守り継承するために活躍されましたし、多くの国際イベントにも招かれ、世界の平和に貢献されてきました。
続きはこちら>>

2015年9月23日、インドのリシケシにて、肉体を離れて、マハーサマーディに入られました。
詳しくはこちら>>

Swamini Pramananda 
ami Shiddhabodhananda 
Swami Paramarthananda 
  Swami Paramananda 
Swami Sakshatkritananda 
Swamini Vedarthananda 
Swamini Saradananda 

●日本語での講師 - Swami Cetanananda Srasvati  スワミ チェータナーナンダ
1999年10月、インドへ留学し、リシケシにてヨーガを学ぶ。
2000年6月、リシケシにて、恩師、スワミ ダヤーナンダ サラスワティと出会い、ヴェーダーンタと、インドの伝統的な生活様式を学びはじめる。
2002年5月、インドのコインバトール、Arsha Vidha Gurukulam (ヴェーダーンタの学校)にて開催された3年と3ヶ月の長期のコースにて、スワミ ダヤーナンダジから、ヴェーダーンタ(ウパニシャド)、サンスクリット語、そのチャンティングを学び、2005年7月に卒業。
2007年1月、パラヴィッデャー ケンドラム ヴェーダーンタ勉強会を発足し日本で教え始める。
2009年4月、スワミ ダヤーナンダジを招いて、東京ヴェーダーンタキャンプを開催。
2010年4月、広島&東京ヴェーダーンタキャンプを開催し、再びスワミ ダヤーナンダジを迎える。
2013年3月、スワミ ダヤーナンダジより、サンニャーサーを受ける。






     Swami Cetanananda チェータナーナンダ